膝蓋骨脱臼とは?

膝蓋骨脱臼とは?(しつがいこつだっきゅう)

膝蓋骨脱臼は、小型犬の代表的な病気で、後ろ足にある膝蓋骨(ひざの関節のお皿)が、
正常な位置からはずれてしまう状態を言います。

ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、トイプードル、シーズー、チワワ、マルチーズ、パグ、パピヨン、柴犬
などに多く見られる

内側にはずれる内方脱臼→小型犬に多い
外側にはずれる外方脱臼→大型犬にまれにみられる

 

症状の進行により、4段階のグレードに分類されます。
進行にあわせて様々な症状が見られますが、初期は無症状の場合が多く、
進行すると、だんだんと足を浮かせるような跛行することが多くなります。

 

原因は、先天性
     後天性→打撲や事故などによる膝の外傷

 

グレード1

ふだん膝蓋骨は正常な位置にある。脱臼しても自然と正常な状態に戻ることが多い。        
無症状で気づかない場合が多い

グレード2

時々足を浮かせて跛行したり、膝を曲げ軽く足をついて歩く。              膝の関節を曲げた時に自然に脱臼するが、犬が足を伸ばしたり、手をかせば簡単に整復できる。         
日常生活にそれほど大きな支障はない。

グレード3 脱臼していることが多く、整復してもすぐに脱臼した状態になる。            脱臼した側の足をあげて跛行することが多くなる。
グレード4

常に脱臼したままの状態となり、元に戻すことができない状態。            歩行を嫌がり、ひざを曲げたままのうずくまった状態で歩くといった歩行異常が見られるようになる。        
骨の変形もすすむ。

 

膝蓋骨脱臼について詳しい解説や検査方法、家庭での注意点、
家庭での膝蓋骨&股関節チェック方法などがわかります。
NPO法人 日本動物遺伝病ネットワーク

 

関節対策にグルコサミン

 

 

 

<2012年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション

 

 


 犬のかかりやすい病気
 子宮蓄膿症とは?
 犬の熱中症とは?
 参考 犬の治療費

 

 

トップページ>> ペット保険 おすすめランキング