犬の子宮蓄膿症とは?

子宮蓄膿症とは?

子宮蓄膿症とは、子宮の内部に膿が溜まる病気です。
大腸菌やブドウ球菌、サルモネラ菌などの細菌がメス犬の膣から子宮内に侵入して、
増殖し炎症がひどくなり化膿し、膿がたまる細菌感染症で、症状がさらに悪化すると、
子宮が破裂して膿が腹腔内に飛び散って腹膜炎を起こしたり、病原菌の毒素が体中に回って
ひどい腎臓障害や多臓器不全、敗血症を引き起こして死に至ることもあります。

 

なりやすい犬
避妊手術を受けていない中高年齢期のメス犬、通常は5歳以降にみられることが多い
  →1歳ほどの若齢犬でもなることがある。

 

こんな時には要注意
元気がない→ぐったりする
食欲がない
よく水を飲む
オリモノ(膿)が膣外に出てくる

→子宮の入口がしっかり閉じていて、オリモノ(膿)が見られないことがある

陰部から出血
嘔吐、下痢

 

子宮蓄膿症の治療
外科療法
→手術で卵巣と子宮を摘出する
内科療法
→抗生物質と点滴を投与して治療する

     内科治療を行った場合、完全に膿を排出させることができずに再発することがある。
     発情期が終わったら注意が必要。

 

     最善の治療は外科手術

 

子宮蓄膿症の予防策

避妊手術によって100%防げる病気です
若い時期に適切な避妊手術を受けていれば、子宮内膜炎などの子宮感染症の予防や、
一歳になる前の初回発情前後に、避妊手術をしていれば、乳腺腫瘍の予防に役立つことになります。特別繁殖などの目的が無い場合は避妊しましょう。

 

 

私は現在ミニチュアダックスフンドと暮らしています。
もうすぐ3歳になるころ、子宮蓄膿症にかかりました。
元気で比較的おとなしいワンコだったので膿がでるまでわからず、後になって考えると、あれがサインだったのかなぁと思える程度でした。
もし、膿がでなかったらと思うと、ゾッとします。不妊手術をしなかったために、つらく、かわいそうな思いをさせてしまったことに、とても後悔しています。


 

 ペット保険資料一括請求はこちらからできます

 

 

 犬 不妊手術・去勢手術


 犬のかかりやすい病気
 膝蓋骨脱臼とは?
 犬の熱中症とは?
 参考 犬の治療費

 

 

トップページ>> ペット保険 おすすめランキング