犬の熱中症,予防…

犬の熱中症(熱射病・日射病)

犬は通常38〜39度の体温を維持していますが、外気温が上がっても体温調節があまりできず40度以上になると熱中症になります。
人間は汗をかいて体温を下げますが、犬には汗腺が肉球にしかなく、人間のように発汗による体温調節ができないので、ハァハァと激しい呼吸をして気化熱で体温を下げますが、呼吸だけではなかなか体温を下げることはできません。
そして、犬は人間と比べて体温が上昇しやすく、暑さに弱い性質があり、重症になると命にかかわる事もありますので、注意が必要です。

 

熱中症になりやすい犬種など

 

短頭種の犬 
スムーズな呼吸がしづらく、暑いほどさらに悪化する

 

パグ、ブルドック、シーズー、ペキニーズ、ボストン・テリア、チン、ボクサー、キャバリア、フレンチ・ブルドッグ、ブル・テリア、 チベタン・スパニエル、ブリュッセル・グリフォン、チャウチャウなど

 

 

北方が原産の犬
厚い被毛を持つため、生まれつき暑さに強いとはいえず、熱中症になりやすい傾向があります。

 

シベリアン・ハスキーサモド、アラスカン・マラミュートなど

 

肥満の犬
皮下脂肪が断熱材となって体内に熱がこもりやすく、かつ心臓にも負担がかかり気味です。
そのうえ、首のまわりの脂肪によって気管が圧迫されて呼吸機能が低下し、呼吸による体温調節が難しくなるため、熱中症になりやすい傾向があります。

 

高齢犬・子犬
体の生理機能が未発達であったり、逆に衰えていることが多かったりで
体温調節が上手くできないため、熱中症になりやすい傾向があります。

 

心臓や呼吸器が弱い犬
心臓疾患を持つ犬や、気管虚脱という気管の病気を患う犬の場合、循環機能や呼吸機能が上手くできず、体温調節が難しく、熱中症になりやすい傾向があります。

 

熱中症の症状

 

激しい呼吸を繰り返す
大量のよだれを流す
口の中が真っ赤になる
悪心や嘔吐
下痢
動かない
一時的にふらついて倒れてしまうこと等

 

 熱中症が進行すると
虚脱や失神
筋肉のふるえ
意識不明
昏睡状態
全身性のけいれん発作を起こしたりすることもあります。

 

症状がかなり進行すると、
 吐血や下血(血便)、血尿といった出血症状が見られたり、
 酸素をうまく取り込めずチアノーゼが見られたり、
最悪の場合はショック症状を起こし、死に至ることもあります

 

熱中症の予防

 

直射日光の当たらない風通しのいいところにし、いつでも新鮮なお水を飲める状態が必要です。

 

 

 

室内でお留守番させる場合

 エアコンをドライ(除湿)モードでつけるなど、室温の調整をする
窓が開けられなければ、涼しい部屋のドアを少し開けておき、寒くなったり暑くなったりした時に、ペットが自由に出入り出来るようにしておくと良いでしょう。
 直射日光の当たらないようにカーテンを閉める
 日のあたりやすい場所にケージを置かない。
 充分な水分補給ができるよう、飲み水の量や入れ物の置き場に注意しましょう。

 

 閉めきった室内では、想像以上に室温が高くなります。特にマンションなどの集合住宅では気密性が高いので注意が必要です。

 

 

車内でのひとりだけの留守番は避けましょう

車内は曇りでも熱がこもって危険な状況になることがあります。

 

 

 蒸し暑い日中のお散歩は控えましょう

真夏のアスファルトの上は50℃近くに達します。
朝や夕方でも、気温が25度以上で湿度の高いときは安心できません。
犬は私たちの目線より低い位置を歩きますので、一緒に歩く人間の想像以上に暑さの影響を受けます。
お散歩の時はアスファルトからの照り返し熱に注意しましょう。
なるべく草や土の上を歩かせるようにして、普段より散歩の時間を短くしてあげることも大切です。

 

また、熱中症だけでなく高温のアスファルトやマンホールで肉球をやけどする危険もあります。
お散歩の時は、マンホールを避ける、アスファルトの熱さを確認してみることも、
大切な愛犬を守ることになると思います。

 

 

外飼いの犬の場合は、

 ハウスに日除けをつけ、直射日光を防ぎましょう。
 日陰の涼しい場所を選んであげましょう。
水分補給も忘れずに。

 

症状が出た場合の対処法(応急処置)

 

 一刻も早く体を冷やし水分補給することが大切

 

意識が低下している時は、飲水は水が気管に入ってしまう危険性が高まりますので無理に飲ませない方が良いでしょう。
体温が下がって、症状が落ち着いてもあとから症状が悪化していく場合も多いため、
比較的軽度な場合にも必ず受診することをお勧めします。

 

体が熱く、激しい呼吸、白目や舌の色が鮮紅色になる等の変化が見られたら熱中症を疑い、
すぐに水を飲ませて水分補給し涼しい場所に連れていきましょう。
早めに体を冷やす必要がありますので、濡らしたタオルを体にかけたり、
浴室などで体全体に水をかける、氷や保冷剤を愛犬の首、脇の下、内ももにあてるなどして、早急に体温を下げることが重要です。
慌てず体を冷やす応急処置を行い、獣医師に電話をして指示を仰いでください。

 

 朝方や夕方でも、蒸し暑く湿度の高い日であれば熱中症になる可能性があります。注意してください。

 

 

 

 

 ペット保険資料一括請求はこちらからできます

 

 

 


 犬のかかりやすい病気
 膝蓋骨脱臼とは?
 子宮蓄膿症とは?
 参考 犬の治療費

 

 

 

トップページ>> ペット保険 おすすめランキング