猫がかかりやすい病気は?

猫の病気

 

猫がかかりやすい病気はさまざまあります。
猫は犬に比べて、ウイルスの感染によるたくさんの伝染病を持っています。
ワクチンを接種することで予防できる病気や日々の健康管理で防げる病気もあります。
愛猫と毎日ふれあうことでも、チョットした異変に気づき早期発見につながることもあります。
大切なペットと、幸せな生活が送れるように病気の性質を知って、適切に予防することが一番です。

 

猫がかかりやすい病気

 

猫がかかりやすい病気
猫風邪(猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症、クラミジア感染症)

混合ワクチン接種で予防
症状が軽い猫風邪では、特に治療をしなくても自然に回復することもあります。
症状が重い場合や子猫の場合では衰弱がひどくなり、命に関わることもあります。

猫伝染性腹膜炎

ワクチン なし
感染力は低いと言われていますが、いったん発病した猫の死亡率はきわめて高い。

猫伝染性貧血(猫ヘモプラズマ感染症) ワクチン なし
猫白血病ウイルス感染症

混合ワクチン接種で予防
猫白血病ウイルスに感染する血液のガンです。
母親から胎児へも感染します。

 猫エイズ(猫免疫不全症候群) 猫エイズワクチン接種で予防
膀胱炎 尿石症と併発することも多い。
慢性腎不全

中年から高齢に多い
犬の腎不全より2〜3倍多く発症
数ヶ月から数年に及んで徐々に腎機能が低下します。
シャム猫、メインクーン、アビシニアン、またバーミーズ、ロシアンブルーは、他の猫の2倍以上の確率で、腎不全となることがあります。

急性腎不全

発症の約1週間以内に腎障害を受け、急速に状態が進行する。
進行が早い病気なので、早期発見が非常に重要です。

尿毒症 オス猫に多い
リンパ腫

原因の半数以上が猫白血病ウイルスが占めています。猫の悪性腫瘍(ガン)の中で最も多い。
原因の猫白血病ウイルスは、猫白血病ワクチン接種で予防できます。

糖尿病
甲状腺機能亢進症 特に高齢の猫に多いといえます。
巨大結腸症 猫では比較的多くみられる病気です。
歯周病
口内炎

自然治癒はほとんど期待できません。
口内炎は再発しやすい病気の1つで、潰瘍に変わることもあります。

猫下部尿路疾患 5歳ごろまでの比較的若いオス猫によくみられ、高齢の猫にはあまりみられません。
皮膚糸状菌症

子猫や精神的・身体的なストレスの多い成猫は感染しやすい傾向があります。
飼い主から猫に感染することもあるので、飼い主が水虫になっている場合は、患部にふれさせないように。  

尿石症 特に、オス猫に多い病気といえます。


猫種によるかかりやすい病気

猫の病気

猫    種

猫の熱中症

スコティッシュ・フォールド、アメリカン・ショートヘアー、ノルウェジャン・フォレスト・キャット、チンチラ、ヒマラヤン、ペルシャ、メインクーン、ラクドール、バーマン
短頭種の猫 、肥満、子猫、老猫

眼瞼内反症 スコティッシュ・フォールド、アメリカン・ショートヘアー、ノルウェジャン・フォレスト・キャット、チンチラ、ヒマラヤン、メインクーン、ラクドール、バーマン
流涙症(涙目) アメリカン・ショートヘアー、チンチラ、ヒマラヤン、ペルシャ、バーミーズ
毛球症

アメリカンカール、ソマリ、チンチラ、ノルウェジャン・フォレスト・キャット、ヒマラヤン、ペルシャ、メインクーン、ラクドール

網膜変性症

ペルシャ、アビシニアン、シャム
遺伝性が多い

先天的白内障 バーマン、ヒマラヤン、ペルシャ、シャム
軟骨形成不全 マンチカン
猫伝染性腹膜炎

バーマン、バーミーズ 感受性が高い  ベンガル、ペルシャ、デポンレックス、ヒマラヤン、感受性あり、アビシ二アン

肥大性心筋症 アメリカン・ショートヘアー、メインクーン、ペルシャ、デポンレックス
尿石症 ロシアンブルー、ヒマラヤン
腎不全 ロシアンブルー、メインクーン、シャム、バーミーズ、アビシニアン
重症筋無力症 ソマリ、アビシ二アン
アミロイドーシス ソマリ、デポンレックス
内側膝蓋骨脱臼 アビシ二アン、シャム、デポンレックス、バーミーズ
肘関節形成不全 アビシ二アン、シャム、デポンレックス、ペルシャ
歯肉炎 アビシ二アン、シャム、ペルシャ、メインクーン
拡張性心筋症 アビシ二アン、シャム、バーミーズ
多発性腎嚢胞 アメリカン・ショートヘアー、ヒマラヤン、ペルシャ
高脂血症 ペルシャ、バーミーズ
進行性網膜萎縮 アビシ二アン、ペルシャ、シャム
脊髄性筋萎縮症 メインクーン
下部尿路疾患 ペルシャ、シャム

 

 参考 猫の治療費

 

トップページ>> ペット保険 おすすめランキング