ペット保険会社に質問!

PS保険(ペットメディカルサポート)

PS保険(ペットメディカルサポート)の補償内容は

 

50%・70%・100%共通で

 

通院 入院 手術

支払限度額

1日あたり

10,000円まで

 

1日あたり

20,000円まで

 

1回あたり

100,000円まで

 

一保険契約の

限度日数(回数)

 

20日まで

30日まで

2回まで

(2回目は1回目と異なる手術に限る)

 

となっています。

 

PS保険の場合は待機期間はないため、
補償開始日から補償されます。

 

一保険契約の限度日数(回数)の考え方については、資料にわかりやすく説明されていますが、
免責も気になったので、確認のため質問しました。

 

 

 ペット保険資料一括請求はこちらからできます

 

<2012年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション


PS保険(ペットメディカルサポート)に質問

免責になる条件などの「当社の定めにより…」といった内容は、質問した時点と変わることもあります。

 

そして、電話でのやりとりであるため、
聞き間違いや双方の解釈の違いなどの可能性もありますので参考程度にご覧いただければと思います。

 

最終的には必ずご自身で確認されるか、判断されるようにお願いいたします。

 

 

1.一保険契約の限度日数考え方(通院)についての質問

 

パンフレットの重要事項説明書に書かれている例でお聞きしました。

 

外耳炎の様な継続して長期治療が必要な病気で限度日数の20日を超え支払対象外になりました。
次年度に更新継続の時、その病気(外耳炎)の扱いはどうなりますか?

 

継続して治療をしていた場合は20日が限度で支払対象外になる。

 

しかし、外耳炎のように完治する病気では、完治後に、また外耳炎を発症した時は支払対象になる。
完治していたということが重要(獣医師との確認あり)
(更新時、特定傷病除外特約にはならず、支払対象外の扱いとなるようです)

 

腎不全のような、完治しない疾病の場合は、通算して(年度をとわず)20日間まで保障、その後は支払対象外になる。

 

※1年目に発症した病気やケガで継続して次年度にまたがり通院している場合は、更新して年間限度日数が次年度でリセットされても、
前年度の残りの日数しか支払対象にならない。
しかし、更新後にかかった別の病気やケガでは、リセットされているので20日間使用できる。

 

 

それに関連して、外耳炎は、支払対象外となるとして、他の耳の病気(病名が違う場合)には、支払対象になるのか?
それとも、耳の病気として支払対象外になってしまうのか?
その病気が原因で、違う病気を発症した場合の取扱いは同一と考えるのですか?

 

同一と考える

 

 

胃腸炎で12日間使用していますが、この場合また(次年度以降で)同じ胃腸炎が発症した場合残り8日間使用した時点で支払対象外になるのでしょうか?

 

継続的病気でない場合は契約更新時にはリセットされる。
また、日をあけて胃腸炎になった場合には、新たな病気と考える。
ただし、完治したかと思ったが、日にちを余りあけず同じ胃腸炎になった場合などは、完治してなかったと考えられ同一の病気となる 

 

 

限度日数の20日を考えて、安い治療費の場合は請求しないなどのように、通院の日数を調整してもよいのですか?

 

してもよい
また、薬などを継続的に服用しなければならない場合、1日分でも、1か月分もらっても1日の通院となるので、
1日の支払限度額を考えて、獣医さんと相談して決めた方がよいと教えていただきました。

 

 

 

 

2.手術について

 

手術は通院・入院と考え方が違うということです。

 

1回あたりの保障金額でとらえる

 

 

同一の原因の手術を、同じ年度内に2回した場合、限度額の100,000円までは支払対象。
たとえば、1回目の手術で80,000円かかり、再度手術が必要となり2回目手術をし50,000円かかった。
限度額の100,000円までは支払対象になるので、2回目20,000円は支払対象になる。
ということです。

 

 

手術は年度が変われば、限度内であれば同じ病気やケガでも再度受けられる

 

もし、通院や入院で支払対象外になった病気でも、手術は支払対象となるとのことでした。

 

しかし、他の方の口コミでは、
手術の場合でも、年度を越えて同じ病気での手術は2回まで、それ以上は支払い対象外とありましたので、
必要であれば、確認してください。

 

 

更新時にプラン変更はできますか?

 

できる
ただし、上のプランに変更する場合は、9歳未満まで、下げる場合は、年齢制限はない。

 

 

HPのよくある質問で嘔吐してしまいました。保障の対象になりますか?    
嘔吐の結果、動物病院の治療を受けた場合につきましては補償の対象となります。との回答ですが、
体調不良で病気を特定するために検査しましたが、検査しても、わからず何も治療をしなかった場合には支払対象になりますか?

 

支払対象なる。

 

 

 

ペット用車イス費用について

 

ペット用車イスは、ペットの成長で、作り直さなくてはいけない場合があると思いますが、年度を超えれば、再度補償してもらえるのでしょうか?

 

1度限りと考えてくださいとのことでした。

 

 

 


質問してわかったこと・感じたこと

 

PS保険(ペットメディカルサポート)に質問してわかってよかったことは、

 

完治する病気などで、継続して治療をしていた場合は20日が限度で支払対象外になるが、
更新時、特定傷病除外特約の疾病にはならず、支払対象外の扱いとなること
完治後に、また同じ疾病を発症した時は支払対象になるとのこと、

 

そして、腎不全のような完治しない疾病の場合でも、通算して(年度をとわず)20日間まで保障してもらえる点

 

手術では通院・入院と考え方が違い、1回あたりの保障金額でとらえる点

 

体調不良などがあった場合、治療を伴わない検査でも保障対象になるので、
ペットに異変があった時には、動物病院に行きやすくなると感じました。

 

PS保険では、一時的にかかる病気やケガが多いということから、保障と保険料のバランスを考えた保険となっています。
慢性的な疾病などには保障は薄いとは思いますが、早期発見・早期治療ができる保険であることや、保険料の負担を抑えた点などを考えるとよいペット保険だと感じました。

 

 

 


 

 

 

<2012年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション

 

 

 

 

 

保険会社に質問してみました!

 

どうぶつ健保ふぁみりぃ (アニコム損保)

 

げんきナンバーわん(ペット&ファミリー 

 

PS保険(ペットメディカルサポート) 

 

ペッツベスト 

 

PRISM 日本アニマル倶楽部  

 

>日本ペット共済